体温を上げることの重要性(低体温の人へ)

寒さの厳しい冬、この時期になると身体の冷えを訴える方が多くなります。
特に、女性は冷え性に悩む傾向が高く、体温が36度以下の低体温の方が増えています。
では、身体が冷えると人間の体内では、どのようなことが起きているのでしょうか。

そこで、体温を上げることの重要性をひも解いてみましょう。

「低体温になりやすい環境」にいる現代社会

地球温暖化が進行し、世界各地の平均気温が年々上昇しています。
特に夏の暑さが年々厳しくなり、エアコン無しでの生活が出来にくくなってきています。
また、デスクワーク中心の仕事が多く、全身を使って運動をする機会が少なくなってきているため、体温調節機能の重要な役割を担っている、汗をかく生活習慣が損なわれてきています。
そのために低体温の女性が後を絶たなくなってきております。

低体温と冷え症及び病気との関係

低体温の方は冷え性です。また、低体温と心臓は密接な関係があり、循環器系と呼吸器系の病気に深くかかわっています。また、「体温が下がると免疫力も低下する」と言われています。
免疫力が低下すると、外部から侵入してくる様々な細菌を退治することが出来ないため、風邪やインフルエンザなどあらゆる病気を引き起こす原因ともなっています。

低体温(冷え症)を克服するためには

低体温症は、本来体力が衰えてくる高齢者に多い症状ですが、最近は若い年齢の人にも多く見受けられます。その根本原因は、汗をかかない生活習慣です。デスクワーク中心の仕事は、脳や腕・目などを酷使する、部分的な疲労が身体の硬直を誘い、汗を掻きにくくなり、血液やリンパの流れが悪くなり冷え性や低体温になっていくのです。

部分的な疲労を取り除くために、閊えて流れの悪くなっている部分に的を絞り、人体力学体操や部分浴などを活用し、汗のかける体づくりを目指すことが重要になります。

【注意事項】

1)夜、寝る時に足が冷えるということで、靴下の重ね履きをしてお休みになる方がいますが、あまりお奨めできません。足の裏は人体の中でも特に感受性の高い部分で、内臓の反射区がたくさんあり内臓等の負担の問題に係わってきます。お休みになる前に足湯などを活用されることをおすすめします。

2)また電気毛布を使用されている方もおられますが、寝てる間も電気をかけっぱなしの場合は身体の水分調整などに問題を来たします。お休みになる前の1時間程度前に、電気を入れ中を温めてからスイッチを切ってお休みになることをおすすめします。

当院はJR柏駅より徒歩5分の距離にある整体院です。流山市・野田市・我孫子市・取手市など周辺地域からもご利用いただいております。

日本人に多い肩こり・腰痛・冷え性などのお悩みを抱えている方を中心に施術を行っておりますが、妊婦さんや生理痛・更年期障害に関するご相談なども承っております。

千葉県柏市の整体院 阿部整体柏室

千葉県柏市中央町5-21 穂高第1ブラザーズ柏 405号室
TEL 04-7163-1951
受付 9:00~19:00 定休:水曜、日曜、祝日午前

まずは、ご相談下さい。ご予約・お問い合わせ

ニュージランドドル