断食と体の働き

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」

着手の妙味“断食3週間あっという間に過ぎ去る” 第1回1)着手7月11日(土)何か食べたい気がしない。井本先生の言われていたことが“ふっと”思い浮かぶ。断食をやるには、「食べたくない“機”を逃さずに始...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」第2回

★ 体と2週間の契約を結ぶ三日ぐらいやってみようと思い立って始めたのが、あっという間に三日が過ぎてしまいました。ついでだからもう少しやってみようと思い、1週間ではすぐ終割りそうなので、2週間やるからと...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」第3回

★ 食事とは、体をつくることだけではない“食事をとる”ということは、体力を維持したり体をつくることの他に多くの要素を抱えている。それが証拠に、お腹が空いていないにも拘らず、時間が来た、付き合いだから、...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」第5回

3)破壊から建設へ★ 破壊の結果64キロあった体重が54キロになった。ちょうど10キロやせたことになる。その頃みんなに言われていたそうである、丁度お亡くなりになる前のある首相の首周りにそっくりだったと...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」第4回

★ 脳は困難なことがあると“腹”に振る脳は、耐えられないようなストレスや苦痛、判断に迷うようなことがあると自動的に“腹”に振ってしまうのではないだろうか?“腹”は、昔から、度量が大きいとか、太っ腹・肝...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」第6回

★ 建設計画を立てるこの機会を利用して、心身の再構築を計るために二つのコンセプトを掲げた。① 動きやすい体を維持する“太っている、痩せている、見栄えがいい”とかを別にして、自分にとって動きやすい体を維...

着手の妙味「断食3週間あっという間に過ぎ去る」最終回

4) 余韻破壊(断食期間)から建設を通じて、体から多くのことを学ぶことができました。想いや考え(夢・希望)は、体を通してしか実現できないのに、体との対話はなく常に一方通行でありました。今にして思えば、...