温浴法

温めることによって、身体がゆるみ、末端まで血液やリンパ液・体液の流れが良くなり、自然治癒力を高めてくれる働きがあります。

現代の人は、汗の臭いが嫌い、化粧が落ちるとか、汗をかくのを嫌って、汗をかかなくてすむ、あるいは、汗を抑えるような生活をしているため、発汗機能が低下しています。

入浴することによって、汗をかき、汗をかける体質がつくられます。

 

全身浴

身体の状況に応じて、湯温や入浴時間を調整して、体調を整えていきます。

 

1、精神的・肉体的疲労のある人、体調の悪い人

ぬるめのお湯に長めにつかります。

 

2、頭が疲れている人

熱めのお湯に入り、時間は短くさっと入ります。(2~3分)

 

3、汗をかきにくい体質の人

  1. 最初ぬるめのお湯に入りながら、徐々に温度を上げて汗をじんわりかいていきます。(温度を急激に上げては、交感神経が緊張し、血圧があがってしまうことがありますのでご注意下さい。)
  2. 二度湯をする
    ぬるめのお湯を使った後、身体を洗ったりして、再度入る時に、高めの温度にします。(温度の変化が発汗を促します。)

 

部分浴

足や肘などの身体の一部分をお湯につけます。その部分の硬直していた処がゆるみ、その部分と関連性のある処に刺激が拡がっていきます。

部分的な痛みや、不快感の症状を改善する効果の高い方法です。

 

1、足湯

両方の足首のくるぶしの中央までつける方法です。【写真参照】

  1. お湯の温度は、普段お風呂に入る温度よりも4~5℃高めにします。
  2. 指し湯をしながら4~6分温めます。ひたいにじんわりと汗が出て、両足が真っ赤になるまで行ないます。
  3. 両足を一度出して、タオルでよくふき取って、赤くなっているかどうか確認します。赤くなっていなかったり、部分的にも赤くなっていない処がある場合は、指し湯をして、当初の温度を保ち、赤くならない側の足を再度入れます。
  4. 両足が赤くなるのを確認して終わります。

【効 用】

手足の冷え・扁桃腺・のどの痛み・足の疲労・生理痛・脱腸・婦人科系の疾患・腎臓の弱っている人などに効果があります。

風邪をひいた時は、発熱する前に行なうと、経過が早くなります。

【注】妊娠中の方は、決して行なわないで下さい。

 

2、脚湯

両足の膝の中央までお湯につけます。

やり方は、コップ1~2杯の水を飲んでから足湯と同様の方法で行ないます。浴槽の縁に腰掛けますと、ちょうどお湯の高さが膝の中央あたりになります、上半身は着衣のまま行なってください。

【効 用】

消化器系が原因(食べすぎ)となって風邪をひいた人や、消化器系の異常(胃が重い・胃痛・下痢など)、慢性的な腰痛などの症状に効果があります。

【注】就寝前に行なって汗を拭いたらすぐ布団に入るようにすると、寝ている間に体が弛みます。汗をかいたら必ず着替えをすることが大切です。

 

3、腰湯

腰から下(ズボンのベルトの位置)までお湯に入ります。

やり方は、コップ1~2杯の水を飲んでから、普段入っている温度より4~5℃高めのお湯に4~6分入ります。ひたいにじんわりと汗をかいて、腰から下の皮膚が赤くなります。

【効 用】

腰から下の疾患・術後の経過が悪い人の回復など

 

4、肘湯

左右の腕の、肘から先をお湯に入れます。【写真参照】

やり方は、コップ1~2杯の水を飲んでから足湯などと同様に行ないます。片方だけ赤くならない場合は、赤くならない方だけ継続して入れて、両腕が真っ赤になり、上体にうっすら汗をかくまで続けます。

【効 用】

肋骨、大胸筋の硬直がゆるみます。

呼吸がしにくい時、気管支系の症状・呼吸器系の症状・肺炎・寝違い・肋間神経痛などに効果があります。

 

【ご注意】

  1. これら部分浴は、入浴のついでにやったのでは効果はありません。入浴の前後4時間はあけて、単独で行なってください。
  2. 私のよく利用している方法をご紹介します。
    身体の疲れ方や、そのときの気分によって、部分浴や全身浴を選択します。パソコンを使った時など、目や腕からの疲労で肩がこっている場合の時は、肘湯をやってすぐ寝ます。
    部分疲労をとってから休みますと熟睡できます。そして、朝、全身浴をやってから仕事に出かけるようにしています。
    また、この逆もよくやります。夜は、全身浴である程度の疲労感を取ってから就寝し、朝、残っている部分疲労を部分浴を用いて解消していくなどしています。

 

 

千葉県柏市の整体院 阿部整体柏室

千葉県柏市中央町5-21 穂高第1ブラザーズ柏 405号室
TEL 04-7163-1951
受付 9:00~19:00 定休:水曜、日曜、祝日午前

まずは、ご相談下さい。ご予約・お問い合わせ

ニュージランドドル