整体体操

自らが行なう整体操法として位置付けている重要な技術です。

一般的な体操との違い

一般的な体操整体体操
動く処を動かす体操
結果として動きのない処は変らない、むしろ疲労が増すばかりとなりかねない
動かない処に的を絞り、動きをつけていく体操
みんなで同じ体操を行う
人それぞれ、体の特徴も違えば、仕事による体の使い方も違う、疲労部分も皆違うはずなのに同じ体操を行っている
オーダーメイドの体操

 

整体体操の指導

体の特長を読んで(観察して)その人に合った体操を選び、指導していきます。 体操の種類もたくさんありますが、良く使っている体操を3例ご紹介致します。

 

1、上下の体操 【肩甲骨の動きをつけていく体操】

パソコンなどの仕事で、腕や眼をよく使っている方は、肩甲骨の動きが悪くなり、肩こりや、首が張ったり、手首や肘に症状がでやすくなります。

【肩こり・首の痛み・花粉症・アトピー・ゼンソク・肘痛・手首や指の症状など】

 

2、腸骨体操 【骨盤のゆがみをとる体操】

骨盤が下がったり、左右の高さや、動きが違ってきた場合には、骨盤内臓部(生殖器・泌尿器・腸など)の症状が出やすくなります。

【腰痛・生理痛・精力減退・手足がつる・外反母趾・更年期障害・痔・歯痛など】
(注)妊娠中の方は決して行わないでください。

 

3、肋骨挙上体操 【下がった肋骨を挙げていく体操】

心痛やストレス、腕の疲労などから肋骨はよく下がることがあります。呼吸器や心臓の働きに負担が掛かってきて浅い呼吸になってきます。

【肋間神経痛・眠れない・ゼンソク・呼吸器の症状・手指の痺れなど】

 

よく使っている代表的な体操の指導状況です。
詳しくは、井本先生のご著書に多数掲載されていますので、合わせてご覧下さい。

 

 

千葉県柏市の整体院 阿部整体柏室

千葉県柏市中央町5-21 穂高第1ブラザーズ柏 405号室
TEL 04-7163-1951
受付 9:00~19:00 定休:水曜、日曜、祝日午前

まずは、ご相談下さい。ご予約・お問い合わせ

ニュージランドドル