施術の特徴

整体指導について

当院では、施術のことを整体指導または整体操法と呼んでいます。
「自然治癒力が発揮できるように、身体が治るように、痛みが止まるように、導いていく」という意味です。

的確な読み(観察)で問題となっている一点をつきとめる

痛みや不快感は、止めるものではなく、根本原因が解消すれば止まってしまうものです。それゆえ、全身を揉みほぐすようなことはせず、的確な読み(観察)と厳選した刺激を重要視しています。

▲頭部と頸部の観察
頭部と頸部は、主として観察するところです。身体全体の状況を現していますので、操法の組み立てを設計し、最後に確認をするところです。刺激を与えることは少ないです。

▲背中の観察
背骨・肩甲骨・骨盤を中心に、回りの筋肉の状況を観察して、的を絞ります。不調の原因が読み取れます。

 

【偏り疲労の例】

部分的な問題を全身の問題のように感じていることが多くあります。偏り疲労がその良い例で、疲労しているのは部分なのに全身の疲労感として感じてしまうのです。

このようなときは「数打てば当たる方式」では根本原因を解消することはできません。

当院の整体は、その人の問題となっている一点を見つけて、その一点を生かすべく操法の組み立てをし、身体を変えていきます。

自然治癒力が発揮できる身体に導く技術

整体操法は、引っぱったり、揉んだり、突いたり、ボキボキさせたりなど、骨や筋肉に強い力をかけてマッサージや矯正をおこなうものではありません。

観察によって調整すべき処を絞り込んでいき、人体の急所である調律点や圧痛点などを利用し、相手の感受性に適った圧度・速度で刺激を与え、本人の呼吸を利用する方法などを用いて、裡なる力(体力・気力)を呼び起こしていき、自らの力で修復できるように、つまり、自然治癒力が速やかに発揮できるような身体に導いていく技術です。

▲背中の操法
観察により的を絞った急所に対して刺激を与えます。回りの筋肉を弛めて背骨の可動性をつけます。

▲末端から中心を変える操法
骨盤が下がると、足首に負担が掛かってきます。足首を変えながら、腰を変えていく操法です。

 

【ギックリ腰の例】

ギックリ腰などは、動けないほど激しい痛みに襲われます。これなどは、腰椎(腰の骨)のどれかが、"下がって、硬くなっている"ためなのです。

呼吸を利用して上げるだけで、痛みの大部分は止まり、動けるようになります。この場合、なぜ下がったかを突き止めて、根本原因から変えていくと同時に、ギックリ腰になりやすい体質改善を図ることが大切なことと考えています。

 

指導者、自らの指導

指導に当たっては、一人一人を自らが行います。助手などを使うことはありません。

 

 

千葉県柏市の整体院 阿部整体柏室

千葉県柏市中央町5-21 穂高第1ブラザーズ柏 405号室
TEL 04-7163-1951
受付 9:00~19:00 定休:水曜、日曜、祝日午前

まずは、ご相談下さい。ご予約・お問い合わせ

ニュージランドドル